西目支所

高齢者疑似体験学習を実施ました


令和3年6月16日、西目小学校で高齢者疑似体験学習を実施しました。

高齢者疑似体験セットを身につけて、老化や障がいによる見えない、聞こえない、動けないという感覚を体験してもらいました。

装着している人に「右に曲がるよ」「階段に気をつけてね」などの声かけをしたり、手をつないでゆっくり歩いたりというやさしさが見られました。

 

高齢者疑似体験セットを身につけてみて小学生からは、

・ぼやけて見える、見えにくい   ・階段が怖かった              

・手足が重くて動きにくい     ・友達の声が小さく聞こえる

などの感想があがりました。

 

また今回の高齢者疑似体験を通して、

・階段の上り下りでは手をつないだり、声かけをしたりしていきたい

・日常生活で少しでもお手伝いをしていきたい

・かがむのが大変そうだからお風呂掃除を自分がしてあげたい

などの意見があがりました。

 

今回の高齢者疑似体験を通して、小学生の皆さんに老化や障がいによる困難なことを感じてもらい、自分たちに何ができるのかを発見してもらうことができました。

 

 

 

 

 


西目支所のその他のお知らせはこちら